We Serve!

会長あいさつ

会長あいさつ

第42代会長を務めさせて頂くことになりました。40年有余年にも亘る歴史ある 当クラブの会員としての経歴は短いものですが、今般諸先輩方のお世話をさせて頂く つもりで就任させて頂きました。

当クラブは、この輝かしい歴史を知らない多くの新しい会員が、この数年間に増加 しました。先輩方の活動をお尋ねし、ライオンズクラブの精神を理解し、それを基に 新しい未来を切り開いていきたいと思っております。

以上の考えにより会長提言を「継往開来」といたしました。

この言葉の意味は、先人がやったことをきちんと受け継ぎ、受け継いだものを発展 させながら未来に向かって開拓していくことだそうです。

当クラブは、1997(昭和52)年12月22日に結成しました。その当初から 身体障がい者を対象としたスポーツ大会への支援を行い、これは現在も継続しており ます。

3年後には、台湾の花蓮の「美侖ライオンズクラブ」と姉妹クラブとなり、花蓮の 石庭公園に「あづま屋」を同クラブと合同で建設し寄贈しております。これは現在も 同公園内にあります。また、5年後には、福岡県営西公園に同クラブと合同で「あづ ま屋」を寄贈しており、年1回今でもライオンズデーに清掃作業をしております。

その他、サンセルコや赤坂門交差点に時計台を寄贈したり、街頭献血運動を行った り、募金活動を行ったり、様々な施設に対し色々な備品や設備を寄贈してきました。

また、行政が行うようになった為終了しましたが、恵まれない子ども達に夢を叶え て貰う為、大学や専門学校などへ進学する若者達を卒業まで「資金」と「意欲」の両 面で支える奨学金プログラムであるカナエール福岡を支援したりしてきました。

昨年からは、子ども食堂を簀の子地区の地域の皆様と一緒に開設いたしまた。これ は、今年度も継続したいと考えております。

更に、本年度からは、高次脳機能障がい支援施設である「翼」を支援させて頂くこ とになりました。

今後とも、地域の方々へのボランティアを継続していく福岡筑前ライオンズクラブ でありたいと願っております。

PAGETOP
Copyright © 福岡筑前ライオンズクラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.